プロフィール:
北海道札幌市のイメージナビ株式会社のエンジニアによるブログです。
実績紹介、技術情報などを不定期ですがポストしていきます。
よろしくお願いいたします!

カテゴリー別アーカイブ: 実績紹介

弊社ではスマホアプリとして「RingRingTone」を販売しております。今回はそのRingRingToneをご紹介したいと思います。

 

■RingRingToneとは
iPhone用の着信音アプリです。5つのカテゴリ(おもしろ、ベル・アラーム、ネイチャー、ワンフレーズ、ミュージック)からなる760種類以上もの着信音が収録されています。iPhoneに入っている音楽(非DRMのみ)からオリジナルの着信音を作成する機能もあります。AppStoreでの最高ランキングは2014年3月に記録した、エンターテインメント:3位/有料総合:55位でした。

 

201412171 App_Store_Badge_EN

 

■主な特徴
・着信音作成機能
iPhone内の音楽ファイル(※非DRM)を読み込み、開始時間、長さ、フェードイン・フェードアウトを好みに調整して、着信音を作ることができます。

 

201412172

 

・音ファイル
素材を得意とする弊社が保有している大量の音ライブラリから着信音に使えるスタンダードなものから、ちょっと異色なものまで、バラエティーに富んだサウンドを760点以上収録しました。

rrt_sc_1_1   rrt_sc_1_2   rrt_sc_1_3

 

・操作性
メイン画面からカテゴリを選択して戻る、スワイプすると一つ前に選択していたカテゴリが表示される、などの操作感について開発中にミーティングで何度も話し合い、不満や要望についてはできるだけカバーしてUIを作りこみました。

 

・言語切替
RingRingToneは日本語・英語で使用できます。言語設定を日本語以外にすると英語の表記に変更されます。
201412172          201412172

 

・手作りの操作説明動画
データクラフトスタッフによる操作説明の動画は英語版もあり、海外の方にもご利用いただけるようになっています。

rrt_movie01  rrt_movie03  rrt_movie02

 

・モスキート音
モスキート音(高周波数の音)を年代別に収録しました。メインメニュー画面をよく見ると蚊のアイコンが…。
※モスキート音は聞こえる方には「とても不快な音」として聴こえますので、長時間や大音量、公衆でのご使用には特にご注意ください。
201412172       rrt_mosquite_2

 

■開発秘話
RingRingTone以前にiOSのアプリケーションは既に作成していたのですが、それらはwebベースのアプリケーションであったため、Objective-Cでの実装はほとんどありませんでした。RingRingToneは音の再生や着信音の編集など、Objective-Cネイティブでなければ実現できないため、実装の経験を積むための貴重な機会になりました。実装方法については未経験に等しいものでしたので、打ち合わせで機能や要望が出てくる度にどのように実装できるか調査してリリースを繰り返す…そんな試行錯誤の連続でした。特に着信音作成機能は最後の最後まで苦労して調整した機能でした。Appleのドキュメントはもちろん確認していましたが、日本語の情報が少なく、海外の情報やドキュメント類まで探しまわりようやく実装できた機能です。

アプリとしては小規模なものですが、iOSの機能としてはTabViewをメインにTableViewやWebViewなど、UIとして基本的なものを押さえており、開発者としては次のアプリケーションを作成するためのステップになりました。作りとしては甘いところがあったにせよ、バージョンアップをはかり隙の少ないアプリになったかと思います。

また、英訳の他、収録する着信音を調整、変換する作業は音にこだわりのある専任のスタッフが担当しましたが、760種以上という量だけにかなり大変な作業でした。

 

■まとめ
AppStoreのエンターテイメントカテゴリ内で20~100位前後を上下しているものの、リリースから2年程経過しており息の長い商品となっています。動作環境はiOS5以降で対応機種はiPhone4以降、もちろん最新のiPhone6でも動作しますので是非ご利用ください。

現在は要望の多いAndroid版も検討中です。iOS版にどれだけ近づけられるのか、またAndroidならではの要素を取り入れたアプリケーションを作成したいと考えています。ご期待ください。

 

RingRingToneに関するお問い合わせ、その他ご用命などございましたら、こちらよりお願いいたします。

前回の「Windows8タッチパネル環境を用いた物件検索ビューアの開発(概要)」では、物件検索システムの概要を紹介しました。

今回は技術的な部分を紹介します。このシステムで必要な環境は次のようになっております。

・サーバー環境
Linux(Redhat/CentOSなど)系OS
Apache、MySQL、PHP、Yii(PHPフレームワーク)
インターネット環境(クライアントとの通信)

・クライアント環境(物件ビューアインストール条件)
Windows8
.NET Framework 4.5
解像度1920×1080ピクセル(フルHD)のタッチパネルディスプレイ
インターネット環境(サーバーとの通信)

・管理用クライアント環境
Webブラウザが動作するPC
インターネット環境(サーバーとの通信)

 

■アプリケーションの動作
物件検索ビューアは.NetFreamworkを用いたWindows8アプリケーションです。このアプリケーションでサーバーと通信し、管理用クライアントであらかじめ登録しておいた物件のデータや写真データを検索します。

物件検索ビューアを使うには.NET Framework 4.5がインストールされたWindows8コンピュータと解像度1920×1080ピクセル(フルHD)のタッチパネルディスプレイが必要となります。

物件検索ビューアを起動するとまず最初に認証処理が行われます。認証に成功するとサーバーから全ての写真データを取得してローカルコンピュータに保存します。ここで取得するデータは、前回取得したデータに対しての差分情報となります。(初回のみ全て取得)
処理完了後、全ての写真データが保存され最新の状態となります。

このようにデータサイズが大きくなりがちな写真データをローカルコンピュータに保存することで、検索の度にサーバーからの写真データ読み込みに待たされることが無く、検索結果のスクロール中でも非常にスムーズな動作を実現しています。

 

■システム全体の動き
物件検索ビューアから検索処理や写真データ取得処理を行う際にサーバーとの通信を行っています。サーバーでは主にWebサーバー(Apache)、データベースサーバー(MySQL)が稼動しています。Webサーバー内では、Web APIやPHPベースの管理用Webアプリケーションが稼動しています。

14091211

今回はサーバーにAWS(Amazon Web Service)のEC2インスタンスを使用していますが、他のクラウド環境や仮想サーバー、もちろん物理サーバーでも使用可能です。

また、当システムで実装されている検索処理は全てWeb APIを用いており、内部ではJSONベースでデータの取得を行っております。検索処理の機能をアプリケーションから分離させることにより、他のプラットフォームへ移植する際、データベースアクセス処理を作り直すこともなく、そのまま利用する事ができます。そして、当システムは物件検索だけではなく、他の用途にも流用できると考えております。

 

■快適な操作のために
現在では導入先のお客様からもご好評をいただいている当システムですが、開発中は検索結果で写真データの点数が多くなると処理が重くなってしまい、スクロールが滑らかに動かない問題がありました。このままでも一応動作はしますが、せっかくのフリック操作の魅力が半減してしまうので何とかしようと考えました。

最初は全ての写真を一度に読み込んでしまう処理にしていたため、例えば検索結果が数千点もある場合などに滑らかなスクロールが出来なくなっていました。そこで、写真を一度に読み込む件数を定義し、スクロールでそれらが全て表示された際に必要な分だけ次の写真を読み込むような実装に変更しました。

また、スクロールにより画面から消えた写真はメモリ内から消去するようにもしています。これにより検索結果の最終までスクロールを行った場合でも、処理がもたつくことも無くスムーズなスクロールを実現できるようになりました。

基本は左右スクロール側にそれぞれ3ページ分読み込んだ状態としています。

14091212

※1ページ内に表示される写真は、大サイズで6枚、中サイズで15枚、小サイズで32枚。
※数字はページ番号。

画面をスクロールさせ、末端までスクロールさせます。

14091213

末端までスクロールさせると、新しく3ページ分読み込み、古い3ページ分はメモリ内から消去されます。

14091214

こうすることでスムーズかつ滑らかなスクロールを実現しています。

 

■使用技術など
Microsoft C#、WPF(Windows Presentation Foundation)、Microsoft .NET Framework 4.5、JSON、MySQL、AWS(Amazon Web Services)、PHP、Yii(PHPフレームワーク)

 

当システムや物件検索ビューアに関するお問い合わせ、その他ご用命などございましたら、こちらからお願いいたします。

弊社ではビルやマンションなどの物件を紹介するための検索システムを開発しました。まずは、このシステムがどのようなシステムなのか機能の概要を紹介いたします。

14091201

■このシステムで出来ること
このシステムではクライアントPCにインストールしたアプリ(物件検索ビューア)からサーバーに登録してある物件データを検索することができます。物件検索ビューアはWindows8のタッチパネル機能を使用しており、全ての機能をタッチ操作で行うことができます。
また、大型タッチパネルディスプレイを用いてお客様に物件の紹介を行うような使い方も想定しております。

 

■物件検索ビューアでの検索について
物件検索ビューアでの検索方法は地図から探す方法と、建物の写真から探す方法の2通りがあります。

・地図から探す
地図から探すモードは、登録されている物件が地図上にマーカーとして表示されますので、どのエリアに存在するのかがわかります。マーカーをタッチすると物件の写真と簡易的な情報を表示するウィンドウが表示され、ここから更により詳しい情報を表示するための詳細画面へ遷移することもできます。

また、検索条件の指定もでき、住所の直接入力や都道府県を選択して地域を絞ることもできます。

14091202

・写真から探す
写真から探すモードでは、タッチパネルのフリック操作により、慣性スクロールを用いたスムーズな水平方向スクロールで全ての写真を閲覧することができます。また、一度に表示する写真枚数の変更も可能です。

14091204

写真から探すモードの場合は、検索条件も指定可能でキーワード検索やタグ検索なども可能です。

14091206

 

■詳細画面
検索結果に表示された物件の写真をタッチすると詳細画面を表示することができます。詳細画面ではこのように物件の詳細情報と関連写真を表示します。

14091205

 

■検索履歴
一度詳細画面を表示した物件については、アプリケーションを終了するまで履歴に残っており、再度物件を確認することができるようになっています。履歴一覧で件数が多い場合はタッチ操作で縦にスクロールを行います。

14091207

また、QRコードを表示することも可能で、QRコード表示ボタンを押すと画面にQRコードが表示され、スマートフォンなどで物件の場所を確認することができます。(ブラウザ+MapFan、ゼンリン、Google Mapsなどの地図情報サービスが必要)

 

簡単ではありますが、以上がこのシステムの機能となります。

次回の「Windows8タッチパネル環境を用いた物件検索ビューアの開発(詳細)」では、必要な環境や仕組みについて技術的な部分を紹介いたします。

 

当システムや物件検索ビューアに関するお問い合わせ、その他ご用命などございましたら、こちらよりお願いいたします。